俳優・女優

【ドラゴン桜】手友梨奈はなぜ人気の理由?脱退理由はセンターが原因?

TBSドラゴン桜に出演されている平手友梨奈さん。
「存在感が半端ない!」や「引きつけられる」などと注目されています。
そんな平手友梨奈さんはどんな方なのか?どうして彼女は人気なのか?

ドラゴン桜出演の平手友梨奈プロフィール

生年月日 2001年6月25日

愛知県出身

身長 164cm

元欅坂46メンバー(活動期間2015年〜2020年)

愛称はてち

平手友梨奈さんは5歳から12歳までバレエを習いピアノも4歳の頃から習っていました。
友達の勧めで小学2年生の頃からバスケットボールを習いボジションはセンターをしていました。
平手さんはダンスが上手いとも言われていますがバレエで鍛えられた影響からきているのですね!

平手友梨奈さんの生い立ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

映画『響 -HIBIKI-』(@hibiki_movie)がシェアした投稿

平手さんは中学時代に「何かの目標に向かって全力で頑張りたい」そんな思いがあり兄にも勧められ欅坂46の第1期生のオーディションを受けて見事合格します。
合格後は上京し東京で寮生活をします。
また上京に伴い北名古屋市立師勝中学校から江戸川区立葛西第三中学校へ転校します。
寮生活と言うことで寮の近くの葛西第三中学校へ転校したみたいです。
ですが仕事が忙しくなかなか学校には通えなかった位みたいですね。
中学校卒業後は日出高校(現目黒日本大学高等学校)に進学されています。
日出高等学校は芸能コースがあり多くの芸能人が通い卒業されたことで有名ですよね。
2020年3月に卒業しており現在は大学には通われておらず芸能活動に専念しているみたいです。

平手友梨奈さん人気の理由は?


平手友梨奈さんがなぜ人気なのか人気の理由についてまとめてみました!

単純に目立っていたから

1番はこの理由が大きそうですね。
欅坂46時代はデビュー曲から8作連続でセンターを務め「不動のセンター」とも言われていました。
単純にセンターで人の目につくというところから人気に繋がっていると思います。
また彼女はダンスが上手いことでも有名ですのでセンターでダンスが上手かったらやっぱり人の目に留まりますし名前やどんな子か気になりますよね。

演技力

平手友梨奈さんは2018年に公開「響ーHIBIKIー」で映画初主演にして主演をし2019年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。
それ他にもいろいろな賞を受賞されています。
初主演の賞で数々の賞を受賞なんて凄いですね。
きっと相当な努力をして撮影に臨んだのでしょうね。

ビジュアル

身長164cmにしてあの顔の小ささ、そしてショートヘアというやっぱり人目はつくビジュアルをしていると思います。
そしてデビュー当時はよく笑い可愛い子でしたが最近は笑顔がなくクールな感じですよね。
「笑わないアイドル」とも言われていてアイドルでは珍しくそれも人を惹きつけていると思います。
笑顔がないのでそこが目につきどこか気になってしまう存在ですね。

平手友梨奈さんの脱退理由は?


平手さんは2020年に脱退を発表しました。
そして「卒業」ではなくて「脱退」という言葉を強調していました。
脱退理由について今は話したくない今後話したいと思ったら話すと言っていたみたいですが、話したくないというところから何か嫌なことがあったのではないかと思います。
欅坂46に在籍中には握手会で事件があったりと精神的にはやはり結構きつかったみたいですね。
1番辛かったことはと聞かれて「たくさんある」とも答えたそうで本人は楽しい思いだけではやってなかったことがわかります。
不動のセンターとも言われプレッシャーとの戦いで疲れてしまったのかもしれません。
はっきりした理由は未だに謎ですが話したいと思う日が来ることを願うばかりです。

まとめ

今話題の平手友梨奈さん。
ドラゴン桜でもかなりの存在感を放っていますね。
第1話ではあの目力が凄くて目が離せかなったです。
今後のドラマの展開や平手さんの演技楽しみです。